ヘルスとウェルスは一文字違い

セルフケアのヒントや本のご紹介、お金のことなど個人的にお伝えしたい情報を紹介するサイトです

自営業・フリーランスの方には朗報かも♪

こんにちは。なおみです。

毎年、年末の大掃除のついでに、

帳簿や領収書の整理もついでにやってしまっています。

(後で楽をしたいタイプなんです😊)

 

 

f:id:tidyup703:20191230150428j:plain

 

今年は10月に消費税率が上がり、

「増税」という言葉には敏感になっている今日この頃です(笑)が、

来たる2020年には、「年収850万円超の会社員の増税」が行われます。

今度は所得税の増税ということですね。

 

基礎控除が引き上げられ、給与所得控除の上限額は引き下げに

 

会社員の所得税などを計算する場合、

給与から「給与所得控除」や「基礎控除」などを差し引いた後、税率をかけて算出します。「控除」される項目や金額が大きいほど、税金は安くなります。

 

2020年からは、「基礎控除」は10万円引き上げられ、

一律48万円になります。

 

一方、「給与所得控除」(会社員の経費とみなされます)は

年収850万円以下の場合、10万円引き下げられます。

このため、年収850万円以下の人は、

基礎控除の10万円分と差し引きゼロですので、実質税額は変わりません。

 

年収が850万円を超えると、この控除分がさらに引き下げられるため、

結果として増税ということになります。

 

試算によると、年収900万円では年1・5万円程度、

1000万円では年4・5万円程度、

1500万円で年6・5万円程度の負担増になりそうとのことです。

(子育てや介護世帯を除く)。

 

青色申告者は電子申告をすると減税に

 

自営業者も、基礎控除は同様に10万円引き上げられますが、

青色申告特別控除が現在の65万円から10万円引き下げられて、

55万円となります。

ただし、確定申告を電子申告(e-Tax)で行うと、引き続き65万円の控除を受けることができます。

 

電子申告を行うと、青色申告特別控除の金額が変わらず、

基礎控除10万円引き上げの恩恵を受けられるため減税になります。

 

私はもともと青色申告特別控除を使っていなかったので、

まるまる基礎控除引き上げの恩恵があると思い、ニュースを見て喜んでいましたが、

施行は2020年(令和2年)分からですので、

来年確定申告で提出する書類からではなく、

再来年2021年に提出する分からの記載になります。

 

冷静に考えると、

令和2年に提出する確定申告は令和元年分(平成31年1月1日から令和1年12月31日まで)ですよね。

 

確定申告書の受付は、令和2年2月17日(月)から3月16日(月)までとなっています。

 

 

早めに書類整理をしてすっきりとして、新年を迎えたいですね。

皆様もよいお年をお迎えください。

 

それでは、お読みいただきありがとうございました♪

【2019年】グリーンクロス(7533)の株主優待のカレンダーが届きました

こんにちは。なおみです。

 

先日、グリーンクロス(7533)の株主優待が届きました😊

優待のお品物は、カレンダーです。

以前から、裏優待(?)としてカレンダーは配布していたようですが、

正式に「株主優待」として昇格したそうです。

 

f:id:tidyup703:20191211144308j:plain

グリーンクロスは、

工事現場に置いてある「コーン」や「看板」などの安全機材用品の販売・レンタルを手がけている、福岡県に本社がある会社です。

西日本を中心に営業所を展開していますが、

関東圏への出店にも力を注いでいるそうです。

 

グリーンクロスの株主優待の権利確定月は10月です。

100株以上の保有でカレンダーがいただけます。

 

四季報によると、

首都圏軸に順調。レンタル回転率が改善。

九州地盤のネオン工事子会社との連携も寄与。

連続増配。となっています。

 

グリーンクロスは

福証(単独上場銘柄です)に上場していますが、

現時点では東証二部への昇格基準は満たしているようで、

今後上場替えがあるかもしれませんので、

優待の拡充や変更などの可能性はあります。

 

優待品はカレンダーですので、

権利落ち後の株価への影響は限定的だったようです。

 

令和の世ですが、

ベタな「THE昭和」的なカレンダーが意外に気に入った(笑)ので

しばらく保有する意向です。

 

 

それでは、お読みいただきありがとうございました♪