ヘルスとウェルスは一文字違い

セルフケアのヒントや本のご紹介、お金のことなど個人的にお伝えしたい情報を紹介するサイトです

【キッチン漢方】胃腸不調時にやさしい甘さ とうもろこし

 

こんにちは。なおみです。

 

久しぶりになりましたが今回のキッチン漢方は、

とうもろこしをピックアップします。

 

f:id:tidyup703:20190720180323j:plain

 

甘味のあるとうもろこしは、

漢方的にいうと脾の働きをよくする食材となります。

脾の働きがよくなると、消化吸収力が高まります。

 

土用から夏にかけてのこの時季は、

湿度の多さにより脾の働きが弱まるため

自然の甘味を含む食材や、余分な湿を取り除く食材で

積極的にケアを心がけるようにしましょう。

 

漢方での味覚は五味という

「酸味」「苦味」「甘味」「辛味」「鹹味しおからさ」に

区別されます。

 

とうもろこしは「甘」に分類されます。

「甘」に含まれる食材には、とうもろこしの他に

枝豆、冬瓜、かぼちゃ、トマト、なす、キャベツ、にんじん、バナナなどがあります。

夏に旬を迎える野菜も多いですね。

 

体の湿を取り除く食材には、とうもろこしも有効ですが、

特にとうもろこしのヒゲは利尿作用があり、

さまざまな原因のむくみの対策に煎じて飲むとよいようです。

(とうもろこしのヒゲは、「南蛮毛」という生薬になります)

カルディコーヒーなどで商品として販売しているのを見かけることもありますよね😊

 

 

自分で作ることもできます。

買ってきたとうもろこしの皮をむき、

内側にある白いヒゲをよく洗い、乾燥させます。(できれば天日干しで)

茶色いヒゲは捨ててください。

しばらく放置した後、フライパンできつね色になるまで乾煎りします。

そのままお茶として飲めます。

 

私が作って飲んでみた感想は。。。

何というか、とうもろこしの皮のそのままのような味でした。

煎りが足りなかったのかも知れません。

市販のものの方が香ばしくておいしいと思いましたが、

また挑戦してみます♪

 

 

湿を取り除く食材はこの他に

ゴーヤ、セロリ、スイカ、もやし、トマト、りんご、なし、豆腐などがあげられます。

体を冷やす作用がありますので、食べすぎには注意してください。

 

 

 

栄養成分としての働き

 

 

主成分は、でんぷんで、たんぱく質、脂質、糖質をバランスよく含んでいます。

ビタミンB、B、Eが多く、ゆでても損失が少ないのが

とうもろこしの特徴です。

特に胚芽の部分には、リノール酸やビタミン類が多いので、

細胞の老化を抑え、老化防止に有効です。

 

とうもろこしに含まれる栄養素

 

とうもろこし100g中に含まれる栄養素は、

たんぱく質  8.6g

炭水化物   70.6g

リン     270mg

亜鉛     1.7mg

ビタミンE  1.5mg

ビタミンB  0.3mg

ビタミンB  0.1mg

食物繊維   9.0g

エネルギー  350kcal

1食分の目安  1本約100g です。

 

調理のポイント

 

鮮度の低下が激しい食材です。

収穫後1日放置しただけで、栄養分も風味も半減してしまいます。

買ったその日に食べるようにしましょう。

残った場合はゆでてから保管するとおいしさが保たれます。

 

とうもろこしで一般的に食用にされているのは、未熟粒の部分です。

消化が悪いので、よく噛んで食べるようにしましょう。

 

旬のものをおいしくいただき、健康を維持しましょう😊

 

 

 

 

それでは、お読みいただきありがとうございました♪

【本のご紹介】父が娘に語る美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。

 こんにちは。なおみです。

 

ここ数ヶ月、なかなか読書の時間が取れずにいましたが、

久しぶりにゆっくり読むことができました。

今回の本の紹介は、

「父が娘に語る美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。」です。(タイトル長いですね(;^_^)

 

 

著者は、ヤニス・バルファキスさんです。

2015年のギリシャ経済危機時に財務大臣を務められていた方です。

想像も付かない激務だったことでしょう。

 

ヤニスさんは、当時ギリシャがEUから財政緊縮策を迫られるなか、

大幅な債務帳消しを主張し、世界的な話題になりました。

 

現在はアテネ大学で経済学教授を務められています。

 

本書は、父がティーンエージャーの娘に向けて、

シンプルに経済について語るという体をとっている本です。

 

使われている言葉は平易ですが、読み進めていくと、

資本主義に関して本質的に考えさせられるところがあります。

 

産業革命を経て工場ができ、工場労働者が生み出され

大量生産が可能になり、人間の労働が機械やAIに替えられる。

はたして人間はどこに向かっていくのでしょうか。

 

特に、第6章 恐るべき「機械」の呪い

‐自動化するほど苦しくなる矛盾 の章は興味深かったです。

 

著者がギリシャの方なので、

ギリシャ神話での神々のエピソードも織り込んで説明しています。

蝋燭の翼を作ったが太陽に近付きすぎて、エーゲ海に墜ちたイカロス。

 

このイカロスのような落とし穴は、市場社会にも例えられています。

 

プロローグは「経済学の解説書とは正反対の経済の本」との記載から始まります。

目の前の混乱から離れて世界を見つめ直したいというのが

本書を著したきっかけの1つとのことです。

 

もともとは母国語のギリシャ語で書かれた本が、

英語に翻訳され、日本語に訳されたようです。

翻訳がとても読みやすいなと思って読んでいたら、

それもそのはず、ファクトフルネスを訳された関美和さんの

翻訳でした。

 

 

www.healthwealth-info.com

 

 

違った角度から、

現代社会の格差、市場社会の誕生、金融の役割や資本主義の歴史と功罪を

考えてみたい方にはオススメです。

 

 

それでは、お読みいただきありがとうございました♪