ヘルスとウェルスは一文字違い

セルフケアのヒントや本のご紹介、お金のことなど個人的にお伝えしたい情報を紹介するサイトです

【本のご紹介】記者、ラストベルトに住む トランプ王国、冷めぬ熱狂

こんにちは。なおみです。

 

豪雨や台風、酷暑など厳しい気候が続いていますね。

無理をしすぎないように、

冷たいものを摂りすぎず体調にも十分留意しましょう。

お子さんや高齢者の方など、周りの方の体調も気遣ってあげてくださいね。

 

 

空調の効いた涼しいところで読書などはいかがでしょうか。

今回ご紹介するのは、「記者、ラストベルトに住む トランプ王国、冷めぬ熱狂」です。

 

 

この本を手に取ったきっかけは、

なぜトランプ大統領がここまで受け入れられているのか、

選挙の時に実際にトランプを支持した層は、

どういう考えだったのかというのを知りたかったからです。

それに、日本にいると、ニューヨークやワシントンなどの

大都市経由のニュースは伝わってくるし、

自分で米国のニュースサイトを見ることもできますが、

それだけだと様々なバイアスがかかっていて、

見誤る事実もあると感じていたからです。

知ったつもりになってしまうこともあります。

 

実際、中西部には知人や友人はおらず、

本書を読むまで、現状はほとんど知りませんでした。

普段は訪れる機会はほとんどないエリアかもしれません。

 

数日前にも、米国で痛ましい乱射事件が2件また起きてしまいました。

そのうち1件がラストベルト、オハイオ州でのことでした。

ちょうどこの本を読んでいた最中でしたので、

背景が多少理解できました。

「米国での銃規制を求める動きと反発について」も本書では触れています。

 

この本の表題の「ラストベルト」とは、Rust Belt=さびついた工業地帯を意味する、主要産業が衰退した工業地帯を指す言葉です。

ミシガン州・オハイオ州・ウィスコンシン州・ペンシルベニア州などが含まれる地域です。

 

ラストベルトの労働者たちは、民主党を支持する傾向が強かったのですが、

トランプは彼らの一部の支持を取り込むことに成功し、

多くの専門家の予測を覆してラストベルト諸州で連勝したことで、

大統領の座をつかむことになったのです。

 

本書の著者、金成隆一さんは、新聞社のニューヨーク特派員ですが、

大統領選という「祭り」が終わった後のラストベルトを

「定点観測」するべく、オハイオ州にアパートを借りて(月額450ドル=約4万8千円)、住み込んで取材を続けました。

(地元の人たちにも心配されるほど、薬物の依存症で犠牲者が相次ぐエリアだったそうです)

その約2年間の取材成果の報告として本書を著されました。

通いの取材では見えてこない、細部への取材を心がけられたそうです。

 

現役の記者をされているので、文章が読みやすかったです。

取材にも臨場感があって、実際体験されていることですので面白くて、

2日ほどで読んでしまいました。

 

「写真で見る、トランプ大統領以降のアメリカ」という巻頭の

カラー写真からもよく現状が伝わってきます。

 

本書中で取材された男性の言葉を引用すると、

(大統領について)

「私はいつも『自分の暮らしにどんな影響があったのか』で評価するよ。

国際情勢のことはよくわかっていないかもしれないが、

自分の暮らしのことなら誰よりもよく知っている。

私は自分のポケットに何が入っているか、自分の銀行口座の状況をよくわかっている。それで態度を決めた。トランプで試してみた。

それは正解ではないかもしれないが、試す価値はあったと思っている。

現状維持だけはイヤだった」

という部分が印象に残りました。

 

トランプ大統領は6月に次期選挙への出馬表明をしました。

ラストベルトの有権者は次の選挙ではどのように判断するのでしょうか。

注目してみていたいと思います。

 

「BOOK」データベースからの引用

トランプ大統領を支持した人々はいま、何を思うのか?記者が労働者の街に暮らして浮かび上がってきた、もうひとつのアメリカ。

 

 

ご興味のある方はぜひお手にとってみてください。

 

それでは、お読みいただきありがとうございました♪

 

 

 

【キッチン漢方】胃腸不調時にやさしい甘さ とうもろこし

 

こんにちは。なおみです。

 

久しぶりになりましたが今回のキッチン漢方は、

とうもろこしをピックアップします。

 

f:id:tidyup703:20190720180323j:plain

 

甘味のあるとうもろこしは、

漢方的にいうと脾の働きをよくする食材となります。

脾の働きがよくなると、消化吸収力が高まります。

 

土用から夏にかけてのこの時季は、

湿度の多さにより脾の働きが弱まるため

自然の甘味を含む食材や、余分な湿を取り除く食材で

積極的にケアを心がけるようにしましょう。

 

漢方での味覚は五味という

「酸味」「苦味」「甘味」「辛味」「鹹味しおからさ」に

区別されます。

 

とうもろこしは「甘」に分類されます。

「甘」に含まれる食材には、とうもろこしの他に

枝豆、冬瓜、かぼちゃ、トマト、なす、キャベツ、にんじん、バナナなどがあります。

夏に旬を迎える野菜も多いですね。

 

体の湿を取り除く食材には、とうもろこしも有効ですが、

特にとうもろこしのヒゲは利尿作用があり、

さまざまな原因のむくみの対策に煎じて飲むとよいようです。

(とうもろこしのヒゲは、「南蛮毛」という生薬になります)

カルディコーヒーなどで商品として販売しているのを見かけることもありますよね😊

 

 

自分で作ることもできます。

買ってきたとうもろこしの皮をむき、

内側にある白いヒゲをよく洗い、乾燥させます。(できれば天日干しで)

茶色いヒゲは捨ててください。

しばらく放置した後、フライパンできつね色になるまで乾煎りします。

そのままお茶として飲めます。

 

私が作って飲んでみた感想は。。。

何というか、とうもろこしの皮のそのままのような味でした。

煎りが足りなかったのかも知れません。

市販のものの方が香ばしくておいしいと思いましたが、

また挑戦してみます♪

 

 

湿を取り除く食材はこの他に

ゴーヤ、セロリ、スイカ、もやし、トマト、りんご、なし、豆腐などがあげられます。

体を冷やす作用がありますので、食べすぎには注意してください。

 

 

 

栄養成分としての働き

 

 

主成分は、でんぷんで、たんぱく質、脂質、糖質をバランスよく含んでいます。

ビタミンB、B、Eが多く、ゆでても損失が少ないのが

とうもろこしの特徴です。

特に胚芽の部分には、リノール酸やビタミン類が多いので、

細胞の老化を抑え、老化防止に有効です。

 

とうもろこしに含まれる栄養素

 

とうもろこし100g中に含まれる栄養素は、

たんぱく質  8.6g

炭水化物   70.6g

リン     270mg

亜鉛     1.7mg

ビタミンE  1.5mg

ビタミンB  0.3mg

ビタミンB  0.1mg

食物繊維   9.0g

エネルギー  350kcal

1食分の目安  1本約100g です。

 

調理のポイント

 

鮮度の低下が激しい食材です。

収穫後1日放置しただけで、栄養分も風味も半減してしまいます。

買ったその日に食べるようにしましょう。

残った場合はゆでてから保管するとおいしさが保たれます。

 

とうもろこしで一般的に食用にされているのは、未熟粒の部分です。

消化が悪いので、よく噛んで食べるようにしましょう。

 

旬のものをおいしくいただき、健康を維持しましょう😊

 

 

 

 

それでは、お読みいただきありがとうございました♪