ヘルスとウェルスは一文字違い

セルフケアのヒントや本のご紹介、お金のことなど個人的にお伝えしたい情報を紹介するサイトです

【本のご紹介】「お菓子中毒」を抜け出す方法

こんにちは。なおみです。

 

今回の本の紹介は

『「お菓子中毒」を抜け出す方法~あの超加工食品があなたを蝕む』です。

 

 

f:id:tidyup703:20190423140504j:plain

 

ここでいう超加工食品とは…

常温で長期間保存できるように、砂糖や塩、油脂、保存料などを加えて

高度に加工した食品の総称のことです。

 

代表的な超加工食品は、

(市販の)ケーキ、クッキー、ドーナツ、甘い清涼飲料水、

菓子パン、カップラーメン、チキンナゲット、ちくわ、はんぺんなどです。

 

著者は、砂糖やグルテンの危険性を以前から指摘されていた

医学博士の白澤卓二先生です。

他に『「砂糖」をやめれば10歳若返る!』、

『「いつものパン」があなたを殺す』、

『世界のエグゼクティブを変えた超一流の食事術』、

『アルツハイマー革命』、『肥満遺伝子』他多数の本を著されています。

抗加齢研究所所長をされていますので、

アンチエイジングの世界でも有名な先生ですね。

 

この本では、お菓子をメインのテーマにとりあげています。

2019年2月に出版された本です。

 

白澤先生が『「砂糖」をやめれば10歳若返る!』を著された6年前の当時、

アメリカではマイルドドラッグ(精製度が高く、中毒性のある食品)の

リスクが話題になっていて、

今回、お菓子をとりあげたのは、お菓子のほとんどを占めているのが

マイルドドラッグが複数入っている超加工食品で、

中毒性がきわめて高いからだそうです。

 

去年、砂糖の危険性の勉強会に参加した際にも

白澤先生の著書は話題に上っていました。

 

  

www.healthwealth-info.com

 

中毒から脱却するには、コツがあり、

本書では、中毒をもたらす犯人(要因)を7つにしぼり、

それぞれについて、なぜ中毒をもたらすか、どんなダメージがあるのか、

どのように抜け出すのかを紹介しています。

 

7つの要因とは、

①白砂糖

②果糖

③人工甘味料

④小麦

⑤食塩

⑥油

⑦ストレス です。

 

白澤先生の主張は過去の著書から一貫していますので、

ほとんど知っていることでしたが、

中毒の危険性を再度認識することができました。

 

本書『「お菓子中毒」を抜け出す方法』を読もうと思ったきっかけは、

妹がお菓子を箱買いしているようで、

実家に帰るとお菓子が山積みになっているのが気になっていまして、

とりあえず危険性を指摘したいと思い、

家にこの本を置いてきて、GWにでも読んでもらおうと思ったからです。

 

効果があるかはわかりませんが、タイトルはキャッチーですよね。

 

お菓子中毒に陥っていないかのリストがありました。

是非チェックしてみてください。

 

□お菓子を食べているときは至福の時間

□3時のおやつは毎日欠かせない

□コーヒーにはお菓子が必須

□飲んだあとのデザートは別腹

□ついついお菓子を買い込んでしまう(ストックが常にある)

□毎日のように食べている(習慣になっている)

□食べる量や回数がどんどん増えている

□イライラしたときにはお菓子に手が伸びる

□食べていないとイライラする

□ときどきドカ食いしてしまう

□やめよう、控えようと思っても続かない

□お菓子を食べないと仕事がはかどらない

□やせたいと思っていてもお菓子をやめられない

□健康診断で血糖値が高めと指摘されてもお菓子をやめられない

□将来、病気になってもいいからお菓子を食べたい

 

ひとつでも当てはまった場合、中毒に陥っている疑いがあるそうです!(怖い)

 

本書は、3部構成になっています。

第1部「お菓子中毒」犯人篇

第2部「お菓子中毒」解決篇

第3部「お菓子中毒」を抜け出すとこんないいことが!

 

読者を怖がらせるだけではなく、

きちんと解決法もあり、食べても良いお菓子の記載もあり、

少し救われる思いがしました(笑)

 

私もなるべく減らすようにはしていますが、

完全に脱し切れているわけではないので、

たまに思い出した時、モチベーションをあげたい時にまた読み返したいです。

 

 

 

 

 食にご興味のある方、お子さまの安全なおやつに関心のある方

ぜひお手にとってご覧ください。

連休中の読書にもよいかもしれません。

 

 

それでは、お読みいただきありがとうございました♪

4つの「生活養生法」

こんにちは。なおみです。

 

養生のお話しをもう少し続けます。

 

www.healthwealth-info.com

 

 

親子で体質が似ているという傾向はあっても、

私たちの性格や身体の状態というのは、誰一人として同じではありません。

 

健康状態には、不調のない部分もありますし症状が出てしまう部分もあります。

その原因も一通りではありません。

 

一言で身体を「養生」するといっても

1人ひとりに合った方法があるということになります。

 

新年度の疲れも出てくる頃です。

自分の身体の声を自分で聴いてみて、

無理なく続けられそうなことを増やしていきましょう。

 

 

生活養生法とは

 

タイトルにもあげた生活養生法についてくわしく説明します。

 

漢方の養生学では、人間の健康の成り立ちを

「心・身体・運動・休養」という側面からとらえます。

 

「心」と「身体」は、人間の存在そのものであり、

「運動」と「休養」は生きていくうえで欠くことのできない活動です。

 

このうち「身体」に直結する要素に「食事」が属します。

 

 

f:id:tidyup703:20190419164110p:plain

 

 

この4つのバランスがうまく保たれているか、ということが

必要な養生法を選ぶ手がかりとなります。

 

 

「心」養生法

 

心養生法は、

「心・身体・運動・休養」という4つの要素のうち、「心」に関する養生法です。

心の状態を安定させることを目的としたものです。

 

代表的な方法として「プラス思考」があります。

心配性、ネガティブな感情、もうダメだなどのさまざまな感情がわきおこり、

時にそれに翻弄されてしまうのは、人間の心の動きとしては自然なことです。

 

養生法の視点では、極力マイナス思考を改めて、

できるだけプラスに持っていくことが好ましいといえます。

 

マイナス思考を改めるにはどうすればよいのでしょうか?

そのヒントは、

ごく当たり前に思えますが、

常にプラスの考え方や言葉遣いを「意識する」ことです。

 

私たちは、それぞれ習慣になっている考え方のくせや志向があります。

自分でも気付かないうちに、その枠にはまり、

物事を判断してしまう傾向があります。

マイナス思考に陥りやすい人はまず、その考え方のクセに気付き、

意識的に」切り替えていく必要があるのです。

 

本来、起こっている物事は、良くとらえようと悪くとらえようと、

それ自体は変わりません。

意識的にプラス思考に切り替えることで、それが習慣になり、

次第に心の安定した状態を保てるようになってきます。

 

「食」養生法

 

食養生法は、

「心・身体・運動・休養」という4つの要素のうち、「身体」に関する養生法です。

 

身体は毎日の食生活の結果ですから、

毎日の食生活=今の身体の状態といえます。

 

食養生法は、次の10項目から成り立ちます。

①気候風土に合った、その土地でとれる食材を食べる。

②季節に合った「旬」のものを食べる。

③食材を丸ごと全部食べる。

④穀物、豆類、野菜などを多くとるようにする。

⑤加工食品や食品添加物をできるだけ避ける。

⑥食事の量は、腹7分目にする。

⑦十分に噛む。

⑧水分をあまりとりすぎない。

⑨楽しい雰囲気で食卓を囲む。

⑩食べ物に対して、感謝の気持ちを大切にする。

 

これらの項目を見ると、

穀物を基本とした日本古来の典型的な食事スタイルを思い浮かべることができます。

さらに、「旬」の食材のなるべく皮や根も上手に調理して全体を食べるようにするとよいですね。

現代の食生活は、便利になって色々な食材が手に入りますが、

以前と比べて肉類やお菓子類を多く摂りすぎる傾向にあります。

そのため、脂肪分や糖分が過剰になり、ビタミン類・ミネラル類は不足しがちです。

栄養のアンバランスを毎日の食事で意識的に解消していきましょう。

 

「動」養生法

 

動養生法は、

「心・身体・運動・休養」という4つの要素のうち、「運動」に関する養生法です。

 

自律神経系のバランスを整えるためのエクササイズ、

複式呼吸のエクササイズ、

耳のマッサージ、足裏のツボを刺激する方法も動養生法の1つです。

 

本格的なスポーツだけが、運動とは限りません。

呼吸法やマッサージなどを意識して行うことが

養生を実践するうえでは重要といえるかもしれません。

 

「休」養生法

 

食養生法は、

「心・身体・運動・休養」という4つの要素のうち、「休養」に関する養生法です。

 

これは心と身体をリラックスさせるための養生法です。

主に「入浴法」と「鎮静呼吸法」の2つがあります。

 

さらに「入浴法」は

  • イライラやストレスを和らげる入浴法
  • 目覚めをすっきりさせる入浴法
  • 不眠を解消するための入浴法 などにわかれます。

 

イライラやストレスを和らげる入浴法は、

交感神経の興奮を鎮めるように、

38℃から40℃くらいのぬるめのお湯にゆっくりつかります。

 

目覚めをすっきりさせる入浴法は、

副交感神経の過剰な働き(朝起きてぼんやりした状態)をおさえるために、

熱めのお湯やシャワーを短時間浴びます。

 

不眠を解消するための入浴法は、

カモミールやラベンダーの精油をお湯に3~5滴入れてみましょう。

優しいアロマが心と身体をリラックスさせてくれます。

 

もう1つは、「鎮静呼吸法」です。

これは気功法などでも広く取り入れられている方法です。

 

ゆっくりと息を吐いて、鼻からゆっくりと息を吸い込み、

ふっと息を止める、という呼吸法です。

簡単な方法ですが、これを数回続けることで、次第に心と身体がリラックスしてきます。

 

 

今日ここで紹介した、養生の方法はごく一部のもので、

他にもさまざまな方法があります。

大切なのは、自分が続けていける方法を毎日積み重ねていくことです。

 

自分がセルフケア・養生を実践して元気になることで、

周囲の大切な人の健康にも気配りができるようになるでしょう😊

 

 

 長くなってしまいましたね。

本日もお読みいただきありがとうございました♪