ヘルスとウェルスは一文字違い

セルフケアのヒントや本のご紹介、お金のことなど個人的にお伝えしたい情報を紹介するサイトです

【キッチン漢方】胃腸の調子を整え、心を穏やかにする なつめ

こんにちは。なおみです。

 

今回のキッチン漢方では、なつめ(棗)をピックアップしてみます。

 

大概の漢方や薬膳系のテキストでは、

血を補う作用があり、

女性に特にオススメの食材として、推されています。

f:id:tidyup703:20190523164021j:plain

大棗(たいそう)という生薬でもあります。

 

 

でも「なつめ」というと、

何か特別な店や、中華食材の専門店に行かないと

手に入らない気がしていて、しかもお高そうなイメージがあったので

ずっと試せずにいました。

 

ところが先日、「業務スーパー」のチラシを見ていたら、

乾燥なつめ 500g入り 398円(税抜き)と

載っていたのを発見したのです!

 

早速、近所の業務スーパーにいってきました。

最近の業務スーパーには、中華・エスニック系食材やスパイス、

ハラール食材など、豊富に品揃えがあるんですね。

 

店内を探し回りましたが、品数が多すぎて自力では見つからず、

お店のお姉さんに聞いて何とかゲットできました♪

 

 

f:id:tidyup703:20190523164107p:plain

 

500g入りなので、結構なボリュームです。

これで398円とは、コスパ良すぎです!

 

今回なつめを入手して、

何かの記事で見たときにメモしておいた

「なつめのワイン漬け」を作って食べてみたかったのです。

 

 

 

なつめの効果

 

漢方では、なつめは「心」と「脾」の働きに効果があるとされています。

心の働きをよくして不安感を和らげ、

脾の働きをよくして胃腸の調子を整えます。

 

生薬「大棗」の特性としては、

五味は「甘」、五性は「温」とされ、

体を温め、緊張を緩和させる作用をもちます。

傷ついた消化管を補修し、興奮した腸の動きを抑制することで

腹痛を緩和させます。

 

季節の養生で調べてみると、

オールシーズン(春・梅雨・夏・秋・冬)推奨されています。

 

気持ちが落ち込んだり、不眠気味や食欲不振の時に

元気を与えてくれる食材です。

更年期のイライラや不安、胃腸の保護、体のバリア機能向上にも有効です。

 

中国に“一日食三棗、終生不顕老”という言葉があります。

これは、1日3粒のなつめを食べれば老いないという意味です。

 

ちなみに「つぶやき養生」という本の著者の

櫻井大典さんのクリニックのスタッフには、

1日3粒のなつめが支給されているそうです。

気持ちよく働けそうな素敵な職場ですね😊

 

twitter.com

 

 

 

なつめに含まれる栄養素

なつめ100g中に含まれる栄養素は、

タンパク質  3.9g

食物繊維   12.5g

カルシウム  65mg

鉄分     1.5mg

葉酸     140μg

マグネシウム  39mg

ビタミンB 0.1mg

ビタミンB 0.2mg

エネルギー  287kcal です。

 

ミネラルが豊富で、カリウムをはじめ、

マグネシウム、リン、鉄などを多く含んでいます。

 

また、なつめには睡眠と関係があるオレアミドが含まれています。

 

調理のポイント

乾燥している状態で売られていますので、

スープや煮物などには水から煮出して、

煮汁も一緒に使いましょう。

炒め物には、湯で戻して柔らかくなった実を使います。

乾燥なつめをそのまま食べてもおいしいです。

 

お試しレシピ:なつめのワイン漬け

① なつめを熱湯でさっと洗う。

② 瓶になつめを入れて、赤ワイン(安いもので良い)をひたひたに入れる

③ 3日ほどすると、なつめがワインを吸ってほどよい硬さに

(くこの実やビネガーを入れても良いです)

 

レシピというほど難しくはないですね😊

プルーンのようで、おいしいです。

夜の食後のデザートとして、毎日いただいています。

漬けているワインもたまに飲んでしまっているので、

ワインの方がだいぶ減っています(笑)

f:id:tidyup703:20190523164307p:plain

ワインにもコクが出るようですので、

お安めのワインを惜しみなく

たくさん入れるのが良いみたいです。

お酒が苦手でない方には、おすすめです。

ぜひお試しくださいね♪

 

自分でしばらく続けてみて、

体調もいい感じで、睡眠の質もよくなった気がしていますので、

しばらくなつめは食べ続けてみようと思っています。

 

 

 

 

 

それでは、お読みいただきありがとうございました♪

 

【キッチン漢方】多彩な効き目 黒豆

こんにちは。なおみです。

 

今回のキッチン漢方は、黒豆です。

 

f:id:tidyup703:20190514141404j:plain

 

 

青大豆や黄大豆もよいのですが、

特に黒大豆・黒豆(の皮)は、黒豆衣(こくずい)ともよばれる生薬で、

多彩な効き目があります。

 

漢方では、黒い色の食材は「腎」の働きに効果があるとされています。

黒豆・黒ゴマ・黒米・キクラゲ・ひじき・わかめ・昆布・牡蠣・すっぽんなどです。

こうしてあげてみると、中年向けのサプリにありそうなものばかりです(笑)

 

老化と「腎」のバランスは切り離せないので、

ある意味正しいですね。

サプリではなく、なるべく食品から摂りたいところです。

 

黒豆の魅力的なところは、

利尿作用と補血作用の両方があることです。

腎臓の機能をあげ、水分代謝を改善してむくみをとり、尿の出をよくする働きと、

足りない水分(血液)を体に補い、肌の乾燥などを改善する働きがあります。

 

 

栄養成分としての働き

大豆の一種で、大豆とほぼ同じ栄養成分をもっています。

良質のタンパク質、ビタミンB群、ビタミンE、

カルシウム、食物繊維が豊富です。

 

大豆は、サポニンやアントシアニンを含み、

黒豆の煮汁はのどの炎症を和らげるので、

昔から風邪でのどが痛むとき、煮汁をおかゆで割って食べるとよいとされています。

 

黒豆に含まれる栄養素

(大豆のデータです)

大豆100g中に含まれる栄養素は、

タンパク質  35.3g

食物繊維   17.1g

カルシウム  240mg

鉄分     9.4mg

マグネシウム 220mg

ビタミンB 0.83mg

ビタミンB 0.30mg

ビタミンE  3.6mg

エネルギー  417kcal

1回使用量  40~60g です。

 

調理のポイント

新鮮な大豆には、苦味や渋みがありますがこれはサポニンという物質のためです。

サポニンの「サポ」は「泡の立つもの」を意味しています。

大豆を煮るときに出る泡に含まれているのがサポニンです。

 

大豆は皮がかたく、やわらかく煮る必要があります。

そのため、煮る前の数時間は水やお湯につけておきます。

水温が高いほうが吸収スピードは早くなります。

 

煮るときに重曹を加えると皮がやわらかくなるといわれていますが、

アルカリ性の重曹がビタミンBを壊してしまうので、

あまりおすすめとはいえません。

 

私の場合は、せっかち&ずぼらなため、

鍋にお湯を入れて、しばらく適当に放置した後、

水を加えて、そのまま煮てしまいます。

気分で、あごだしの粉や塩で味付けしますが、何も入れないこともあります。

 

こんな感じです。

煮汁で黒くなるので、色が付いてもいいような鍋で煮てください。

 

f:id:tidyup703:20190514140759j:plain


 

 

 

本当に面倒なときや、おつまみにもう一品欲しい時は、

冷蔵庫に常備してあるこちらにお世話になっています(笑)

 

 

 

 

注意すべきこと

乾物の豆を選ぶときは、皮に張りがあり、粒のそろったものが良品です。

湿気を嫌い、虫がつきやすいので密閉容器にいれて、冷暗所で保管しましょう。

栄養価の高い食品ですが、アレルゲン物質を含むので、

アトピー性皮膚炎やぜんそくの方は注意が必要です。

 

 

 

それでは、お読みいただきありがとうございました♪